昆虫の視線で撮影−マイクロ広角レンズ・虫の目レンズ

虫の目レンズ・筒細タイプSCについて 

筒細タイプSCで光学系により撮影の違い。
筒細タイプSCの標準は、CCTVレンズはコーワLMVZ164ですが、写真のようなTokina TC2814または25mm望遠レンズ等CCTVレンズに交換して撮影することも可能です。
また、CCTVレンズを取り外して、顕微鏡撮影(標準では5倍)も出来ます。

撮影イメージ 実際の撮影状況
上:コーワLMVZ164。筒細タイプSC標準品。
上:Tokina TC2814
上:25mmCCTVレンズ(メーカー名不明)
上:拡大レンズ(顕微鏡対物レンズ)による顕微鏡撮影。CCTVレンズを外して撮影。


上記の撮影は、カメラマウント直前にヘリコイドを介して撮影しております。特に顕微鏡撮影の場合には、対物レンズと被写体の距離は一定ですのでカメラを動かすことは不可能に近いですので、この場合ヘリコイドが有れば能率良く撮影できます。
ヘリコイドの移動量は約10mmですので、中間の位置におおよそピントを合わせておき、その後ヘリコイドでピント合わせします。
ヘリコイド価格¥8,500(税込み¥8,925)です。


マイクロ広角レンズ・虫の目レンズ 価格一覧表及びレンズ構成説明 


筒細タイプSCでアイリス絞りを使用した場合の多少の効果


光映舎トップ へ