神津牧場天文台の紹介


神津牧場天文台は関東天文協会により建設された天文台です。

神津牧場天文台の紹介


○地理的条件
当天文台は群馬県甘楽郡下仁田町大字南野牧字南物見10653番地の一部にあり 敷地面積は1,678u、海抜は約1,130mの所にあります。
東西南方向の視界は開けており、南は秩父山系で、観測の邪魔になる 人工光は殆どありません、透明度が良好で晴れればすばらしい星空を満喫出来ます。
気象条件は、昨年の1年間の様子から、夏期は長野県側の冷たい空気と 関東平野の暖かい空気がぶつかり合い、霧や雷が発生しやすいようです。 この付近に牧場が幾つか在りますがなるほどと納得出来ます。
反面下界のような猛暑はありません、最高気温が30度を越える ことは少ないでしょう、避暑としては最適の場所です。
交通面では、上信越道の開通で、首都圏からの交通の便は 非常に良く、下仁田インターから約30キロの所にあります。
長野方面には多くの観光地が控えており行楽のベースとしても利用出来ます。
近くには名山の荒船山や物見山等、四季を通じて豊かで 自然散策を満喫出来ます。また車で下仁田方面に15分程下ると昨年 オープンしたばかりの荒船温泉があります。

○土地利用計画
雑木が生えた丘陵地を、切土及び盛土を行い2段の雛壇に造成しました。 下段は駐車場及び宿泊施設(バンガロー等)関係を2〜3棟、上段には観測施設用です。 まだ建設予定の施設が幾つか在ります。

○76p反射望遠鏡用観測棟の概要
神津牧場天文台メイン望遠鏡の76p反射赤道儀用観測棟は、 スライディングルーフによります。スライディングルーフは 4つの電動サドルクレーン(低騒音タイプ)に支えら れおります。1個当たり耐加重は2トンで全体では最大8トンまで耐えられます。 摩擦が非常に少ない為、モーターを外せば一人でも簡単にスライドすることが出来 るように設計されています。大きさは、床面積で柱芯寸法で27u(8.2坪)です。

○76p反射望遠鏡の概要
総重量が約4トン、旭精光研究所(アスコ)のSGタイプのドイツ式赤道儀で、目的天体の導入方法は 300倍速の高速モーターにより行います。導入支援装置はテレスコープトレーサー (高橋製)です。光学系は主鏡有効径760o、ニュートン式で焦点距離は3,800 oです、集光力は肉眼の約1万1千倍で、分解能は0.15秒、極限等級は 16.2等級です。リレー方式接眼部の場合は焦点距離が約4,800oでF6.4となります。 最低有効倍率は、ニュートン式の場合108倍で、実視野は0.63度 (パンオプティック35oアイピース使用)でリレー接眼部の場合は同ア イピース使用で約140倍となり、実視野が0.48度になります。

○リレー光学系接眼部の特徴
天頂付近を見るとき、大型ニュートン式反射望遠鏡の欠点である接眼部の高さ については、リレー光学系接眼部でアイポイントを不動点付近まで下げ、安全性 を確保しています、またF値はニュートン式と比較してやや大きくなるよう設定 (F5→F6.4)しています、ニュートン焦点での眼視及び写真撮影が可能で す。またリレー光学系接眼部とニュートン焦点は簡単に変更できます。

神津牧場天文台の写真を掲載しますのでご覧下さい。
メイン望遠鏡の76p反射赤道儀。建物(観測室)のサイズは5m角、屋根が電動スライディング により開くようになっています。


メインの76p反射赤道儀と小型観測ドーム(20p反射赤道儀が入っています。)



この写真はリレー光学系接眼部です。
リレー光学系接眼部とは、大型ニュートン式反射望遠鏡の場合、 接眼部が非常に高い位置になり危険を伴った観測等を行うようになります。 そこでリレーレンズ方式を用いて接眼部を低い位置にして観測できるようにしたのが リレー光学系接眼部です。また、カセグレンにすると低倍率・広視野にすることが困難 ですので、この点においてもリレー光学系の特徴があります。
リレー光学系接眼部とは、ニュートンの性能は そのままに低い位置で観測できる接眼部、それがリレー光学系接眼部です。
製作:旧映舎



神津牧場天文台 目 次

旭精光研究所から76p望遠鏡の運び出し

神津牧場天文台に運び入れ及び設置

神津牧場天文台における天体写真

神津牧場天文台開台式(オープン)風景

神津牧場天文台風景

神津牧場風景


神津牧場天文台視界確認図


神津牧場への地図


制作中のため写真の一部を掲載しています。

これらの作業はもちろん我々関東天文協会会員の手で全て行いました。


トップに戻る